「行動力ってあるけど、それって長所なの?短所なの?分からない...」
実は、行動力って長所なんですよね。

今回は、なんで行動力は長所なのか話していきましょうか。

行動力って長所なの?短所なの?

結論から言うと、行動力は長所ですね。

ただ、あなたが行動力の『どの部分をみるか』によっては短所にも変わります。

行動力の短所

  • 失敗が多い
  • テンションが落ち込むときがある

上記の2つが大きい短所ですね。
実は、行動力があることってけっこう失敗が多いんですよ。

「失敗しすぎて、ちょっとテンション下がってきた...」
なんてこともよくあります。
もう行動しなきゃいいじゃんって話ですが(笑)

それを上回る答えが、長所にはあります。

 100回やって5回~10回成功する

行動力の長所

  • 経験値が圧倒的につく
  • 失敗にだんだん強くなる
  • 周りから行動力がある人って尊敬される

上記の3つが行動力の大きい長所ですね。

たとえば、なにか問題がでたとき、周りの人が『やってみようかな...』なんて考えてる間

「とりあえずやってみた、さて、どう改善していこうか」って考えになります。

まあ、余計なこと(ネガティブなこと)を考えなくて済むんですよ
やってない人は、このあと行動できず、経験値の大きな差がうまれ最終的に追いつけなくなります。

ちなみに、やっていると次に同じような問題がでても精神的に安定して対処が余裕。

 やりながら改善していく

行動力をつけるならまずは小さく

あなたが、行動力を身につけたいなら小さく始めることが大事。

そして以下の3つも守ると、圧倒的に行動力がつくのでやってみる価値ありですね。

  • リスクを見積もる
  • 失敗=学習として考える
  • 少しでも成功したら自分をほめる
 小さく始めると、あなたが想像もしてなかった行動力が知らないうちについてる

リスクを見積もる

あなたが失敗したときのリスクを見積って、やれそうなら行動。

たとえば、ゲームをするとして

  • 1万円は損する
  • ただし1分後に10万円手に入るとあなたは分かってる

上記のようなゲームがあったら参加しますよね。

じゃあ、ここで15万円損すると分かっていたら、参加しますか?
しないですよね。

なぜなら、1万円損するか、15万損するか分かってるから。

  • リスクを見積って利益に対して低ければやればいい
  • リスクを見積って利益に対して高ければやらない

もし、リスクが高ければ、低い方法をさがす、違うやりかたを探すのが正解。

 行動できない原因は、知らない、イメージできないから

失敗=学習として考える

失敗はなく、学習(学び)としてどう改善できるか考える。

まあ当然、上記でも言ったように失敗のほうが多いのが事実、ただ、あなたは、そんなところで落ち込みながら終わる人ではない。
失敗しても続けていれば成功します。

少しでも成功したら自分をほめる

ほんの少しでも成功、上手くいったら自分を全力でほめてあげましょう。
ごほうびを用意してもありですよ。

失敗をして自己嫌悪になるかもしれません。
でも、成功したら自分を少しでも甘やかしましょうね。

 少し成功したら、ごほうびにケーキ買ってくる

行動力を活かすなら割合のバランスをとること

あなたが、すでに行動力があるなら長所8割、短所2割で考えればOK。

まあ、行動力がつけば知らないうちに短所は気にならないようになります。
結果として、行動力は長所ですね。

誰かに行動力を認めてもらいたいなら

  • とにかく結果をだす
  • どう行動してきたのか過程を話してみる
  • 短所より長所が上回ってる根拠を差し出す

上記が行動力を認めてもらえることにつながります。

まとめ

  • 行動力は長所
  • 見方によっては短所にも変わる

あなたに、行動力があるなら立派に誇っていい長所の1つです。

ただ、現状に満足しないでもっと上を目指せるといいですね。