SQLで日付をマスターして自在にあやつれるようにしよう【ADO】
ADOで日付を扱うなら見ておくべき

ADOのSQLで日付をマスターすれば、今以上に詳細な分析ができるようになるだろう。

今日を取得する

SELECT NOW() --今日の日付時刻を取得
SELECT DATE() --今日の日付を取得

翌月や翌年、前月や前年を取得する

SELECT DATEADD(ベースになる年や月, 取得したい数値, date)
SELECT DATEADD('m', 2, DATE()) --例)今日から2ヶ月後の日付を取得する

第一引数にシングルクォーテーションで囲まないとエラーが発生するから注意しよう。

第一引数内容
yyyy年単位ベース
m月単位ベース
ww週単位ベース
d日単位ベース
hh時単位ベース
n分単位ベース
s秒単位ベース

年~日だけを取得する

SELECT YEAR(date) --年のみを取得
SELECT MONTH(date) --月のみを取得
SELECT DAY(date) --日のみを取得

WHERE句で日付を使うとき

SELECT date
FROM [calendar]
WHERE date < #2021/1/1#
SELECT date
FROM [calendar]
WHERE date BETWEEN #2021/1/1# AND #2021/6/30#

日付を条件にするときは#(シャープ)で日付を囲むこと。BETWEEN 開始日 AND 終了日を使うことで、開始日~終了日の範囲でデータを抽出できる。

事務作業を自動化してもっと"ラク"しませんか?

あなたの会社の事務作業...効率化してラクに。もっと重要な業務に集中できるようになります。

日々増えるルーティンの事務作業...
「この作業めんどくさい...」
「事務作業に時間をとられて他に集中できない...」

あなたの代わりにVBAを使ってパソコン業務を自動化。あなたはもっと価値のあることに時間を使うことができるため売上UP、ムダなコストの削減が期待できます。

また、作って終わりではなくつぎの3つのことを約束します。

  • しっかりドキュメント作成
  • きれいな見やすいコードでムダな工数カット
  • できるだけボタン1つポチッと押すだけで業務が完了

どんなにささいなめんどくさい事務作業でも相談してください。相談は無料です。
3年の業務効率化実績があるため、力になれるかもしれません。

※件名には「業務効率化の相談」と記載ください。できるだけ24時間以内に返信します。