DX化する前に...まずやるべきことがあるよね?というお話

思った...DXなんかやる前に、みんなデータあつかえなさすぎじゃね?

データ整理もされてないデータを無理やりつなげるって応急処置程度だよ?

それに紙に印刷する前提多くね?
コミュニケーションしたいって理由だけで会議開きすぎじゃね?
テキストコミュニケーションでよくね?

ただでさえ、会議だと言った言わないの感じでめんどくさいのに。

DXって言葉が流行ってるから使いたいだけ?

なんかDXって言葉が1人歩きしてる感じ。
そもそもプログラム書けるやつは、もう何年も前からDXみたいなことやってるわけで。

DXってなんか仕事できる人っぽいから使ってない?

って文句ばっか言ってても始まらないので。

DXする前にできることを以下に3つ紹介しよう。

デジタル前提で業務フローをつくる必要がある

デジタル前提っていったらなにそれ?ってなるかもしれない。

たとえば、ハンコ。
ハンコを自動で押す業務改善なんかしないで、ハンコ自体を無くして署名をAdobe Signにしたり。

そもそもそのハンコ業務いるのか?ってことから始めないと意味がない。
実はなくしても問題ない業務なんて無数に存在する。

ムダな業務をなくしたあとに、デジタル前提の業務フローを作れればいい。

簡単にいえば、複雑にするなシンプルであれ...だ。

なるべくテキストコミュニケーションにする

テキストコミュニケーションだと証拠が残るし時間短縮になるメリットがある。
けっしてコミュ障だから推奨するわけじゃない。

ちなみに、つぎのようなことは経験があるはずだ。

  • 会議でちゃんと決まったことが何回ある?
  • 時間はピッタリもしくは早く終わってるだろうか?
  • 会議中は参加してるだけで発言は0じゃない?

それに最初にも言ったが、言った言わないの感じになるとマジでめんどくさい。
貴重な時間もムダになるわけ。

テキストコミュニケーションならスクショで証拠残せるし、それ自体が議事録にもなる。

すべてはデータだ。とにかくデータをきれいにしておけ

とにかくDXでもなんでも、データがすべてだ。
DXなんて出来なくてもいいからデータだけはきれいにしておけ。

たとえば、

  • 特定の列に入るはずのないデータが混じってたり
  • 他のデータとぜんぜん紐づけできなかったり
  • そもそもほとんどのデータが空白だったり

そんなゴミみたいなデータを使うと120%複雑な業務フローになったりする。

そして引継ぎができず...また同じことを繰り返す。
そろそろ学習しようぜ。

今でさえ、ビックデータ解析だ、AIだなんて言われてるんだ。
そんな中、データをきれいにしておけばDX化だけじゃなくデータ自体が会社の武器になるから。

だから、データだけはきれいにしておけ。

まとめ: DXをやる前にやっておけば後悔しない

  • デジタル前提で業務フローをつくる必要がある
  • なるべくテキストコミュニケーションにする
  • すべてはデータだ。とにかくデータをきれいにしておけ

とりあえずこの3つをやっておけばDX化するときに後悔せずスムーズにDX化できるだろう。

ちなみに、3つの中で一番大事なのはデータだ。
まずデータをきれいにするところから始めてみるといい。