実は、ビジネスメンターを探すことが無意味なんだよね。
はっきり言って時間の無駄。

さて、なんで無意味なのか話していこうか。

ビジネスメンターを探しは無意味

ビジネスのメンター探しが無意味なのは、考える力がなくなるからなんだけど理由は3つある。

  1. メンターに依存しているから考えない
  2. 不安だから依存先をメンターに変えたいだけ
  3. メンターの指示に従えばかならず成功するわけじゃない

Reason #1- メンターに依存しているから考えない

「メンターが~」って連続で言ってる95%は依存してるだけ。

『成功』したいんじゃなくて『居場所』が欲しいだけってこと。

「このコミュニティに入ってよかった」とか言ってる人はメンターに都合よく使われてることが多い。
目的は『ビジネスを成功』することであり『なれ合い』をすることじゃない。

Reason #2- 不安だから依存先をメンターに変えたいだけ

不安だから依存先をメンターに変えたいだけってことが多い。
いままで、なにかに依存してきたから。

自立してないから依存先をメンターに変えてる。

Reason #3- メンターの指示に従えばかならず成功するわけじゃない

「全部メンターの指示に従えばかならず成功する」って思ってるなら成功しない。
メンターとあなたは、同じ経験や環境で育ってないからね。

考えてないから、機械と一緒、言われたことだけやってる感じ。
まあ、100%応用ができない。

たとえば、いまメンターがいる、もしくはメンターになってほしい人がいるとする。
あなたとどれだけ共通点があるのか考えて紙にでも一覧にしてほしい。

共通点の例
  • 子供時代はどう過ごしたのか?
  • ストレスに対してはどうなのか?
  • どれだけメンターは忍耐力があるのか?

ビジネスメンター探しを辞めるなら3つ学べ

さて、ビジネスメンター探しが無意味だってわかったところで、これからやるべきことは3つ。

  1. お金について学ぶ
  2. 心理学について学ぶ
  3. 自分で考える力をつける

#1- お金について学ぶ

まずは、お金について学ぼう。
ビジネスを始めるってことはお金を稼ぐこと。

ちゃんとしたお金について調べるには、20代が考えるべきお金の使い方【いい自己投資×わるい自己投資】を見ておいてほしい。

#2- 心理学について学ぶ

次は、心理学について学んでおくこと。
これは、ビジネスなら絶対に人間を相手にするから。

人の心理について知っていれば必ず役に立つ。

心理学について学ぶなら下記の本を読んでおくといい。

#3- 自分で考える力をつける

3つ目は自分で考える力をつけること。
ビジネスは全て自分で決めなきゃいけない

アドバイスを求めることがあっても、最終的に決断して決めるのはあなた。
じゃないとビジネスをやってる意味がない。

自分で決めないなら会社員だっていいんだし。

ビジネスメンターに依存しないで成功させる

とくに重要なのは自分で考える力をつけることだね。
勘違いしないでほしいのは、メンターがいるけど自分で考えることをしてるなら問題はない。

ここで言うのは失敗したときに他人、環境のせいにするやつね。
『依存』してないかちゃんと考えて無駄な時間をなくそう。

下記記事も人気