Excelレポートを「おしゃれ」で見やすいデザインにする3つ+1のポイント
見やすいレポートは、3つ+1のことを意識するだけ...

そんな方法...実はあるんだよね。
3つ+1のポイントを意識すれば、はるかに見やすくておしゃれな資料ができる。

その方法を紹介していこう。

見やすいレポートをつくる3つのポイント

  • 薄い色を使う、原色はなるべく使わない
  • なるべく線を使わない、色で行、列を見やすくする
  • セル内の余白を大事にする、けっきょく余白

基本的にこの3つ。

ちょっとくわしく説明していこうか。

薄い色を使う、原色はなるべく使わない

excel colors
色を使うときは薄い色を使おう。グラフでもサマリでも。

たとえばExcelでいうと、上記の画像みたいに色を選択する場所あるじゃん?

セルの書式設定か右クリックででてくるやつ。
真ん中、タテに5つある色の場所。その中の上2つを使うこと。

原色を使うと目がチカチカしてまじで見づらいからね。
その他の色を選択しても、原色じゃなくて薄い色を使うようにしよう。

なるべく線を使わない、色で行、列を見やすくする

2つ目は、なるべく線を使わないってこと。
代わりにさっき紹介した色で行や列を分かりやすくしよう。

たとえば、つぎの画像みたいにするとおしゃれさも追加されて見やすい。
excel row color

線をつけるとしても基本横線のみ。それに実線じゃなくて点線がいい。

ちなみに、テーブル機能を使って自動的に色をつけるのもあり。
テーブル機能を使う→セルの大きさなどの微調整をする...みたいにね。

セル内の余白を大事にする、けっきょく余白

セル内での余白を大事にしよう。
デザインの世界でも「けっきょく余白」と言われるくらい大事。

たとえば、つぎの画像を見ると、余白がセルごとにあるのが分かるはず。
excel row color table

  • 行のセル高さが25.00(50ピクセル)
  • 項目名のフォントサイズが12px
  • データのフォントサイズが11px

画像は上記の内容なんだが、上下左右に適度な余白ができるわけ。結果見やすくなる。

なおかつ、中央揃え。項目名は太字にしておくともっといい。

おしゃれなスパイスを加える+1のポイント

それはフォントだ。フォントでおしゃれさ、見やすさが一段とよくなる

Excelでいえばフォント選択で「メイリオ」または「Meiryo UI」を選択すること。今まで見てきた説明の画像フォントもMeiryo UIだ。見やすかったよね?

さっきも言ったが、項目名や強調したい列は太文字で表示させるといい。

まとめ: 3つ+1でExcelレポートをおしゃれで見やすくしよう

  • 薄い色を使う、原色はなるべく使わない
  • なるべく線を使わない、色で行、列を見やすくする
  • セル内の余白を大事にする、けっきょく余白

そして、+1のポイントは「フォント」。

デザインに興味があるならなるほどデザインか、けっきょく、よはく。を読んでみるといい。理解が深まる。

まあ、今からでも十分間に合うはず。3段階ぐらい上の資料をつくってみよう。

きっと「おしゃれで見やすい!」って褒められるから。

事務作業を自動化してもっと"ラク"しませんか?

あなたの会社の事務作業...効率化してラクに。もっと重要な業務に集中できるようになります。

日々増えるルーティンの事務作業...
「この作業めんどくさい...」
「事務作業に時間をとられて他に集中できない...」

あなたの代わりにVBAを使ってパソコン業務を自動化。あなたはもっと価値のあることに時間を使うことができるため売上UP、ムダなコストの削減が期待できます。

また、作って終わりではなくつぎの3つのことを約束します。

  • しっかりドキュメント作成
  • きれいな見やすいコードでムダな工数カット
  • できるだけボタン1つポチッと押すだけで業務が完了

どんなにささいなめんどくさい事務作業でも相談してください。相談は無料です。
3年の業務効率化実績があるため、力になれるかもしれません。

※件名には「業務効率化の相談」と記載ください。できるだけ24時間以内に返信します。