【簡単】ExcelでIf関数できるならVBAはできるようになる理由

実は、ExcelでIf関数が使えてればVBAは簡単に習得できます。

なぜなのか?話していきましょう。

VBAはIf文できるなら簡単です

If関数できるならVBAは簡単に習得可能。
IF関数ってVBAにしても書いてることは変わらない。

たとえばA1セルが空白、A2セルにIf関数書くとする。

=If(A1="", "空白", A1)

このときの結果は、A2セルに空白って表示されるよね。

このIf関数をVBAで書くと、次のようになる。

If Range("A1") = "" Then
    Range("A2") = "空白"
Else
    Range("A2") = Range("A1")
End If

「あれ?VBAのほうが長くない?じゃあ関数でいっかな...」って思うじゃん。

でもVBAのほうが確実にメリットがあるわけです。

VBAをやることでわかる3つのメリット

  • 100倍以上の業務短縮化
  • 誰かに関数を変えられる心配がない
  • 修正するとき分かりやすくて便利

メリット1: 100倍以上の業務短縮化

VBAにすると、関数のときより100倍以上の業務短縮化

たとえば8時間かかってた作業が1分で終わる。
これは冗談じゃなくてマジです。

メリット2: 誰かに関数を変えられる心配がない

誰かに関数を変えられてしまう心配が0%に

たとえば一生懸命にIf関数で数式を作る。
でも他の誰かがそのExcelファイル使うとする。

これ、だいたい計算がくるっちゃうやつ。

「関数いじったなら言えよ!こっちは作るの大変なんだよ!」って思うよね。

VBAにすると、自分しか変えられない設定が可能。

メリット3: 修正するとき分かりやすくて便利

修正するとき分かりやすくてホント便利

たとえば、さっきのIF文をA2~A100まで入れるとする。

=If(A1="", "空白", A1)

でも、もし誰かが中途半端にA90セルとかの数値を変えたとしたら分かんなくなるよね。

関数だと1つ1つのセルに関数いれておかないとダメ。

VBAにしたら下記のように1回書いておくだけ。

Dim i as Long

For i = 2 To 100
    If Range("A1") = "" Then
        Cells(1, i) = "空白"
    Else
        Cells(1, i) = Range("A1")
    End If
Next i

まとめ:

  • If関数ができるならVBAは習得できます
  • 100倍以上の業務短縮化
  • 誰かに関数を変えられる心配がない
  • 修正するとき分かりやすくて便利

ってことで、VBAって意外と簡単に習得可能

VBAを習得するメリットは大きいから学習してみるのもいいですね。

・もっとVBA学びたい人向け記事↓

あなた向け今まさに「きれいなコードを書かなくちゃ...」と考えているあなたへ。

事務作業を自動化してもっと"ラク"しませんか?

あなたの会社の事務作業...効率化してラクに。もっと重要な業務に集中できるようになります。

日々増えるルーティンの事務作業...
「この作業めんどくさい...」
「事務作業に時間をとられて他に集中できない...」

あなたの代わりにVBAを使ってパソコン業務を自動化。あなたはもっと価値のあることに時間を使うことができるため売上UP、ムダなコストの削減が期待できます。

また、作って終わりではなくつぎの3つのことを約束します。

  • しっかりドキュメント作成
  • きれいな見やすいコードでムダな工数カット
  • できるだけボタン1つポチッと押すだけで業務が完了

どんなにささいなめんどくさい事務作業でも相談してください。相談は無料です。
3年の業務効率化実績があるため、力になれるかもしれません。

※件名には「業務効率化の相談」と記載ください。できるだけ24時間以内に返信します。