【一人暮らし向け】"近所に迷惑かけずに"ホームシアターを実現する方法
この方法なら"誰にも迷惑かけずに"ホームシアターを実現できるようになる

しかも、

  • 大きな機材をたくさん用意しなくていい
  • 音漏れも心配ない。集中して1人の時間を楽しめる

そんな"誰にも迷惑がかからない"
一人暮らしの賃貸でも安心な、ホームシアターを実現する方法を話していこう。

一人暮らしでも安心なホームシアターの実現方法

一人暮らしでホームシアターをつくるなら、次の2つで実現できる。

  • Sony 9.1ch デジタルサラウンドヘッドホンシステム
  • popIn Aladdin ポップインアラジン プロジェクター付きシーリングライト

はい、これだけ。場所もとらず音漏れも心配ない。
正直、いろいろと試したがこの2つがベストな組み合わせ

あなたの足元で草木がさらさらゆれてる音。いまにも主人公のほっぺに手が届きそうなあなた。後ろからザッザッと聞こえてくるリアルな足音。

そんな体験を誰にも迷惑かけずに実現可能だ。

逆になぜ、一般的なホームシアターだとダメなのか以下で紹介する。

【知らないと損をする】一般的なホームシアターを買ってしまうリスク

  • 場所の確保がたいへん
  • 近所迷惑になってトラブルにも...
  • 引っ越しするときにジャマになる

この3つがリスクになってしまう。
リスクがあるから、一般的なホームシアターを買うことはおすすめできない

3つのリスクをもうちょっと深掘りして順に説明していく。

リスク1: 場所の確保がたいへん

一般的なホームシアターは、マジで場所の確保がたいへん

次のように、スピーカーをたくさん用意しなければならないからだ。

  • 5.1chなら5つのスピーカーと1つのウーハー
  • 9.1chなら9つのスピーカーと1つのウーハー

ウーファーあるいはウーハー(英語: Woofer)とは、低音再生を担当するスピーカーユニットである。

しかも、音の方向を間違えると5.1chや9.1chの音がバラバラで意味がなくなる。

めんどくさいうえに、場所がとられてそれだけでストレス。

リスク2: 近所迷惑になってトラブルにも...

近所迷惑...正直これが一番のリスク

ホームシアターだから、あなたも映画館並みの音の大きさで没入したい憧れがあるはず。

でもそんなこと一人暮らしでやっていたら?
トラブルになることは必然的。

「ご近所バトルロワイアル --絶対に追い詰める」
そんなタイトルの映画みたいな体験はできるかもしれないが(笑)

リスク3: 引っ越しするときにジャマになる

引っ越しするときは必ずジャマになる。
なんせ、スピーカーの1つ1つが大きい。

そして引っ越し先でも、スピーカーの位置や調整に時間がかかる。

今回の方法なら映画1本見終わってる。
時間をムダにしたくないなら一般的なホームシアターはあきらめるべき。

まとめ: "誰にも迷惑かけずに"ホームシアターで楽しもう

この2つで"誰にも迷惑かけずに"ホームシアターへ没入しよう。

もう1度、想像してみてほしい。

あなたの足元で草木がさらさらゆれてる音。いまにも主人公のほっぺに手が届きそうなあなた。後ろからザッザッと聞こえてくるリアルな足音を。