「室内で使うハンモックが気になるけど、結局ベッドとどっちがいいの?」
これは、あなたが1人暮らしならハンモックのほうがコスパがいい

ベッドより安いし、丸洗いできるからめんどくさくなくて自分の時間ができるし。じゃあ、なんでハンモックのほうがコスパがいいのか、どんなハンモックを選べばいいのか話していこうか。

ハンモックとベッドどっちがいいのか

結論から言うと、1人暮らしならハンモック1択
優雅に高級ホテルのスイートルームにいる気分があじわえる。

ちなみに、他のメリットは3つ。

  • ベットよりハンモックのほうが安い
  • 丸洗いできるからめんどくさくない
  • 1人の空間ができてリラックスできる

メリット1 - ベットよりハンモックのほうが安い

1人暮らしなら、ハンモックの方が安くすんでコスパいい。もし2人で住むなら、大体が恋人(夫婦)同士だよね。だから2人のときは、でっかいベッド1台買って一緒に寝たほうが快適。

ハンモックがコスパいい理由としては安いうえに、管理もめんどくさくないから。
下記でも紹介していくけど、管理がめっちゃラク。

ベッドなら、すぐ値段が2万円以上いく。けどハンモックなら、高くても2万円いくかいかない値段、だから安いうえに、コスパがいい。

メリット2 - ハンモックは丸洗いできる

ハンモックは丸洗いできて、ホント管理がラク、めんどくさくない

逆に、ベッドって管理がホントめんどくさいんだよね。

  • シーツ洗う
  • 掛け布団カバー洗う
  • 敷布団カバー洗う
  • 枕カバー洗う
  • 洗ったらカバーすべて付け直す
  • 定期的に敷布団干す など。

ぱっと考えただけでも、上記みたいに6つも見つかる。

これがハンモックになるとハンモック本体を丸洗いして干す。この作業だけで終わるからめんどくさくない。

メリット3 - 1人の空間ができてリラックスできる

ハンモックに包まれてる感覚 + ゆらゆら効果でリラックスできる。

仕事してるとストレスたまるじゃん。

「上司がムカつきすぎてストレスたまるわ!!」ってときも、ハンモックで寝ちゃえばそのストレスから解放される。

どんなハンモックを選べば快適なのか

ハンモックを選ぶ基準

  • ハンモックの幅
  • 生地の耐久性(耐荷重)
  • 自分でカスタマイズ(高さ調整)できること

大きく分けて、ハンモック選びの基準は上記の3つ。

基準1 - ハンモックの幅

まず、ハンモック幅は160cm以上が必要

理由としては幅が160cm以上ないと快適に寝れない、寝返りができないから。

それに、ハンモックって落ちるの怖いよね。でもハンモックの幅があれば落ちる怖さがほぼ100%消えるから、ハンモック幅は重要。

基準2 - 生地の耐久性

耐久性は100kg以上あればOK

寝たときに、「ホントにハンモックで寝て大丈夫なの!?」って心配があるけど、100kg以上あれば基本大丈夫。

ちなみに、あなたは体重100kgもないよね、さすがに(笑)
もし心配な場合でも、200kgまでの耐久性があるハンモックにすれば安心、安全。

基準3 - 自分でカスタマイズ(高さ調整)できること

高さ調整ができるかどうかで、寝心地が大きく変わる

それにハンモック作ってる人は『あなたに完璧にフィットしたハンモックを作ってるわけではない』まあ基本、大量生産なわけ。

完全オリジナル受注生産だったら可能だけど、そんなハンモック売ってない。だから、調整が必須なんだけど高さ調整できるハンモックってけっこう少ないんだよね。

そこで、上記3つの基準をクリアしてるハンモックをビブレハンモックで毎日寝ても後悔しない理由で紹介してるから、見てみて。