仕事は『どれだけ楽をするか』が重要って言われたらどうする?

「はっ?なに言ってんだこいつ」って思うよね。
でも仕事をする上で、どれだけ楽をするかってことが必須なんだよね。

さて、今回は仕事で楽をするってどうゆうことなのか話していこうか。

仕事で楽をする=仕事をしないわけじゃない

最初にいっておきたいんだけど、『仕事で楽をする』のは『仕事をしないわけじゃない』ってこと。

「じゃあ仕事で楽をするってどうゆうことなの?」ってことなんだけど、理由は3つだね。

  1. 最小限の労働力で最大限の成果をだすこと
  2. 自分も相手も楽になる方法を考えること
  3. 緊急時に対処できる時間をつくってミスをへらすこと

Reason #1- 最小限の労働力で最大限の成果をだすこと

最小限の労働力で最大限の成果をだすことが仕事を楽にする理由。
まあ、効率的に仕事を終わらせることで生産性がUPするってことだね。

たとえば、1日で成果をあげる人と1時間で成果をあげる人。
どっちが使える人材か分かるよね。

ちなみに、労働力に通勤時間も含まれてるから。
労働力を最小限にしたいなら通勤時間を無駄にしたくないならAudibleを聴きなさい【変わる】を見てみるといいよ。

Reason #2- 自分も相手も楽になる方法で仕事を任せる

ここで気を付けてほしい。
自分も相手も楽になる方法を考えることが重要ってこと。

そうじゃないと、ただ仕事を押し付けただけになるからね。

たとえば、自分がやらなくていい仕事だったら、そのまま相手にやらせるんじゃなくて『改善』をしたうえで仕事を任せる。

自分だけじゃなく相手も最小限の努力で成果があがれば、他の仕事もしっかり取り組めるからね。

Reason #3- 緊急時に対処できる時間をつくってミスをへらすこと

仕事で楽をすれば、緊急時に対処できるような時間をつくれる

「あたりまえじゃん」って思ってない?
仕事で楽をすれば対処する時間だけじゃなくて『対処する余裕』もできる。

余裕がないときとあるとき、どっちがミスがへるか分かるよね。
まあ、心に余裕をもたせることが重要ってこと。

仕事で楽をするために必要な3つの考えかた

さて、そしたら仕事で楽をするために必要な3つの考えかたを紹介していこうか。

  1. なるべく強みが発揮できる作業をすること
  2. 1つ1つの作業時間をしっかり把握しておく
  3. 仕事で楽するチャンスは「めんどくさい」って思ったら

Think #1- なるべく強みが発揮できる作業をすること

なるべく自分の強みが発揮できる作業をしよう
そして、相手にも相手の強みが発揮できる作業になるべくすること。

人間だもの。
やっぱり、得意なことはワクワクするし無意識に効率的だからね。
作業に没頭できるっていったほうが分かりやすいかな。

ちなみに「自分の強みってどうすれば分かんの?」って思ってたら
ストレングスファインダー』を読んでおくと強みが分かる。

Think #2- 1つ1つの作業時間をしっかり把握しておく

1つ1つの作業時間をしっかり把握しておくこと。
改善したときにどれだけ良くなったか確認・比較ができるから。

たとえば、8時間かかってた作業が3時間半でできるようになった。
でも、成果の質は同じ。

成果の質が同じなんだから、仕事を楽にできたことが明確に分かるよね。

Think #3- 仕事で楽するチャンスは「めんどくさい」って思ったら

「めんどくさい作業だな...」ってなったら仕事を楽にする絶好のチャンス。
『めんどくさい=ストレスがかかってる』状態だから。

めんどくささを無くすことができれば気持ちに余裕ができる。
結果として、ミスなく仕事が終わって時間もできるから『めんどくささは友達』って思って。

仕事で楽をすれば生産性がUPする

  • なるべく強みが発揮できる作業をすること
  • 1つ1つの作業時間をしっかり把握しておく
  • 仕事で楽するチャンスは「めんどくさい」って思ったら

3つの考えかたを分かっておくだけで、生産性はUPだね。
仕事を楽にすることは、自分が実践して効果があったことだから紹介してる。

ただ、実践してもらわないと当然効果はないからまずは行動しよう。
まずは「めんどくさい」って思った作業を一覧にしてみることから試してみて。