【説明ヘタな人向け】説明上手になるポイントを「2つ」教えます

説明するときは2つのポイントをおさえておけば、あなたが説明上手になる手助けになる。

さて、さっそく説明上手になれる2つのポイントについて話していこう。

説明上手になるには2つのポイントを覚えよう

  1. たとえ話をつかう
  2. PREP法をつかう

説明下手を克服するには、この2つを実践できればOKです。

順に説明していきますね。

Point1: たとえ話をつかう

たとえ話をつかうことが重要

とくに専門用語や横文字では。
専門用語にたとえ話をつかうことで、相手はスッと頭で理解してくれる。

「あ~そうゆうことね!」って感じに。

たとえば、「国債」について説明するとき。

  • 専門用語: 国債
  • たとえ話: 国の借金のこと

あとは、相手の興味にそってたとえ話をするといい。たとえば料理好きだった場合。

  • 専門用語: ノウハウ
  • たとえ話: 料理でいうとレシピ(上手につくれる裏技)みたいな感じ

Point2: PREP法を使おう

  • Point: 結論
  • Reason: 結論に対する理由
  • Example: 理由に対する例
  • Point: 結論

PREP法(プレップ法)という4ステップで話していこう

4ステップで結論から話すこと。
「なんの話してるの?」って状況にならなくてすむ。

ちなみに、EのExampleの部分はさっき話した「たとえ話」でOK。

PREP法で話せると...

  • 頭がいいと思われる
  • 相手が興味をもって話をきいてくれる

説明上手になれるうえに、この2つもメリットとしてついてくる。

まとめ: 2つのポイントをおさえて説明上手になろう

  • たとえ話をつかおう
  • PREP法をつかおう

この2つのポイントを実践すれば説明上手になる手助けになる。

難しく説明するより、相手に理解してもらえるように分かりやすく説明できるようになろう。

事務作業を自動化してもっと"ラク"しませんか?

あなたの会社の事務作業...効率化してラクに。もっと重要な業務に集中できるようになります。

日々増えるルーティンの事務作業...
「この作業めんどくさい...」
「事務作業に時間をとられて他に集中できない...」

あなたの代わりにVBAを使ってパソコン業務を自動化。あなたはもっと価値のあることに時間を使うことができるため売上UP、ムダなコストの削減が期待できます。

また、作って終わりではなくつぎの3つのことを約束します。

  • しっかりドキュメント作成
  • きれいな見やすいコードでムダな工数カット
  • できるだけボタン1つポチッと押すだけで業務が完了

どんなにささいなめんどくさい事務作業でも相談してください。相談は無料です。
3年の業務効率化実績があるため、力になれるかもしれません。

※件名には「業務効率化の相談」と記載ください。できるだけ24時間以内に返信します。