「プログラミングを独学」決心したらなにから始めればいいのか話していく
コードを実際に書くことも大事だが、それよりまえに知っておくことがある。

まずは基本も基本。その基本を教えていこう。最低限パソコンはもってるという前提としてすすめていく。

【重要】わからないことを適切に調べる力をつける

  • 調べる(お手本コード、エラー、バグなど)
  • コードを読む
  • 設計をする
  • コードを書く
  • コードをテストする

プログラミングでは上記のことをやるんだが、一番にやることはコードを書くことではなく、調べること。調べられるようになれば「コードを読む」以外は習得も時間の問題。

大小関係はつぎのようになってくる。

調べる > コードを読む > 設計をする > コードを書く > コードをテストする

どう検索したら適切に調べられるのか?

調べるときは具体的に検索するといい。たとえば、JavaScriptという言語でfor文を学びたいとき。

「プログラミング 繰り返し処理」じゃなくて「JavaScript 繰り返し処理」とか「JavaScript for文 書きかた」で検索

そのほうがJavaScriptのfor文を学習できるはずだ。実際に調べてみるといい。

プログラミングという抽象的なものではなく、プログラミングの中の「JavaScript」という言語や「書きかた」で具体的にしている。

適切に調べられたらやる3つのこと

  1. 開発環境をつくる
  2. コピペする
  3. なんか数字とか文字とか変えてみる

上記1~3の順でやっていくことになる。くわしく話していこう。

1, 開発環境をつくる

まあ、Google翻訳みたいのをパソコンにいれると思ってもらっていい。たとえば、英語の長文を読まなきゃいけないときはGoogle翻訳にぶちこんで日本語にするでしょ?パソコンも同じ。

パソコンが文字を理解できない→パソコンが理解できる文字に変換する

パソコンが読める文字にすることで、開発ができるパソコン環境ができるってこと。まずはやりたい言語の開発環境を調べてみるといい。

2, コピペする

調べたことでお手本のコードがあるはず。それをコピペでいい

コピペするときは全体のコードをコピーすること。1行1行の解説をみるのはあとでいいから、とりあえずコピーしたコードが動くかどうか試してみるといい。

まず「実際にうごく、表示される」ってことを確認する

お手本にしたコードがそもそも動かない場合があるから、まずはコピペ。

3, なんか数字とか文字とか変えてみる

コピペしたコードの数字とか変えてみてくれ。ここで「うごいた!」「なんか数字かわった!スゲー!」って気持ちになれるのが大事

一番大事だ。こんごのモチベーションにつながる。

数字や文字を変えて「自分でもなんかできそうだな、やれば」ってなればOK

ちょっと上級なことをしたいなら、コードを1文消してみたりしてもいい。「どんな動作になるのか」確認するために。どうせ失敗してもコピペだから大丈夫。

まとめ: 調べる→動かしてみるでプログラミングに慣れること

最初にやるべきは、わからないことを適切に調べる力をつけること。あなたが1からコードを書くのはまだハードル高いから

調べる→お手本コードを動かしてみる

から始めてみるといい。慣れてきたらやっとあなた自身でコードを1から書くということをしていこう。

事務作業を自動化してもっと"ラク"しませんか?

あなたの会社の事務作業...効率化してラクに。もっと重要な業務に集中できるようになります。

日々増えるルーティンの事務作業...
「この作業めんどくさい...」
「事務作業に時間をとられて他に集中できない...」

あなたの代わりにVBAを使ってパソコン業務を自動化。あなたはもっと価値のあることに時間を使うことができるため売上UP、ムダなコストの削減が期待できます。

また、作って終わりではなくつぎの3つのことを約束します。

  • しっかりドキュメント作成
  • きれいな見やすいコードでムダな工数カット
  • できるだけボタン1つポチッと押すだけで業務が完了

どんなにささいなめんどくさい事務作業でも相談してください。相談は無料です。
3年の業務効率化実績があるため、力になれるかもしれません。

※件名には「業務効率化の相談」と記載ください。できるだけ24時間以内に返信します。