npm proxy 407エラーを解決する方法(Electronにも対応)

error 407 Proxy Authentication Requiredを解決する方法を教えていこう。

npm proxyを解決する

基本的に-gオプションはつけずnpm configを設定する。https-proxyについてはhttpとして、httpsでは設定しない

npm config set proxy http://{proxy-address}:{port}
npm config set https-proxy http://{proxy-address}:{port}
npm config set registry http://registry.npmjs.org
npm config set strict-ssl false
npm config set unsafe-perm true

proxy-addressとportは、Windowsキー→proxyと入力→プロキシの設定画面のアドレス、ポートの部分。https-proxyなんかは、Vue CLIでvue createするときなどに使う。

configが設定されているか、確認してみよう。

npm config list

つぎにユーザーの環境変数を設定していく。

ユーザーの環境変数を設定

そして、ユーザーの環境変数を設定。システム環境変数じゃないから注意しよう

変数名: HTTP_PROXY 変数値: http://{proxy-address}:{port}
変数名: HTTPS_PROXY 変数値: https://{proxy-address}:{port}

HTTPS_PROXYはhttpにsをつけてhttpsにしておくこと。

そうしないとGitなどでpushできなくなる。また、Pythonなどでpipを利用している場合も使うことになるから必ず設定しておこう。

Electronをインストールときは別設定も必要

Electronをインストールするときはつぎも設定する。

変数名: ELECTRON_GET_USE_PROXY 変数値: true
変数名: GLOBAL_AGENT_HTTPS_PROXY 変数値: https://{proxy-address}:{port}

まとめ: ストレスフリーにnpm installをしよう

npm config、環境変数どちらとも設定しておけばほとんどのnpm installに対応できる。

なるべくストレスフリーに。開発に集中できるように。プロキシがある場合は早めに設定しておこう。

事務作業を自動化してもっと"ラク"しませんか?

あなたの会社の事務作業...効率化してラクに。もっと重要な業務に集中できるようになります。

日々増えるルーティンの事務作業...
「この作業めんどくさい...」
「事務作業に時間をとられて他に集中できない...」

あなたの代わりにVBAを使ってパソコン業務を自動化。あなたはもっと価値のあることに時間を使うことができるため売上UP、ムダなコストの削減が期待できます。

また、作って終わりではなくつぎの3つのことを約束します。

  • しっかりドキュメント作成
  • きれいな見やすいコードでムダな工数カット
  • できるだけボタン1つポチッと押すだけで業務が完了

どんなにささいなめんどくさい事務作業でも相談してください。相談は無料です。
3年の業務効率化実績があるため、力になれるかもしれません。

※件名には「業務効率化の相談」と記載ください。できるだけ24時間以内に返信します。