SQLのWHERE句でNOTを極めて否定できる人間になろう
NOTを極めていろんなことを否定できるように

SQLのNOTを極めたら、もしかしたら「イヤだ」と素直に言える人になれるかもしれない...そんな意外と忘れがちなNOTを教えていこう。

WHERE句で普通のNOT

WHERE NOT date = #2021/1/1#

dateが2021/1/1じゃなければデータを抽出。カラム名の前にNOTをつける。

WHERE句でINのNOT

WHERE name NOT IN ('joy', 'lisa')

nameがjoyまたはlisaじゃなければデータを抽出。カラム名のあと、INの前にNOTをつける。

WHERE句でLIKEのNOT

WHERE name NOT LIKE '%jo%'

nameがjoの文字列を含んでなければデータを抽出する。カラム名のあと、LIKEの前にNOTをつける。

WHERE句でBETWEENのNOT

WHERE date NOT BETWEEN #2021/1/1# AND #2021/7/31#

dateが2021/1/1~2021/7/31の間じゃなければデータを抽出する。カラム名のあと、BETWEENの前にNOTをつける。

ちなみに、日付をあやつることができればSQLでやれることが広がるんだよね。興味があればSQLで日付をマスターして自在にあやつれるようにしよう【ADO】を見てみるといい。

WHERE句でEXISTSのNOT

WHERE date NOT EXISTS #2021/1/1#

dateに2021/1/1が存在しないデータを抽出する。カラム名のあと、EXISTSの前にNOTをつける。

WHERE句でNULLのNOT

WHERE date IS NOT NULL

dateがNULL以外を抽出する。ISのあと、NULLの前にNOTをつける。

ちなみに、COUNTでも条件が設定できるから興味があるならSQLでSELECT句のCOUNTをきわめる【複数の条件指定も可能】を見てみるといい。

事務作業を自動化してもっと"ラク"しませんか?

あなたの会社の事務作業...効率化してラクに。もっと重要な業務に集中できるようになります。

日々増えるルーティンの事務作業...
「この作業めんどくさい...」
「事務作業に時間をとられて他に集中できない...」

あなたの代わりにVBAを使ってパソコン業務を自動化。あなたはもっと価値のあることに時間を使うことができるため売上UP、ムダなコストの削減が期待できます。

また、作って終わりではなくつぎの3つのことを約束します。

  • しっかりドキュメント作成
  • きれいな見やすいコードでムダな工数カット
  • できるだけボタン1つポチッと押すだけで業務が完了

どんなにささいなめんどくさい事務作業でも相談してください。相談は無料です。
3年の業務効率化実績があるため、力になれるかもしれません。

※件名には「業務効率化の相談」と記載ください。できるだけ24時間以内に返信します。