今回は、タイ/バンコクでの交通手段であるGrabタクシーの使い方について紹介していきます。

準備すること【Grabアプリをダウンロード】

最初は、Grabアプリをダウンロード・インストールして設定までしましょう。

ダウンロード・インストール

Androidスマホの人は、Play Storeで『Grab』と検索すればでてきます。

iphoneの人は、で『Grab』と検索しましょう。
『Grab ~』といくつか候補がでてきますが、
『Grab - Transport, Food, Delivery, Payments』
という名前のアプリをダウンロード、インストールします。

最初にする設定

では、インストールが終わったら最初に設定をしてみましょう。
設定する項目は『電話番号の認証』『メールアドレスの追加』この2つについて、設定していきます。

電話番号は登録するとSMSで認証作業があるので、ちゃんと電話可能な番号を登録しましょう。

メールアドレスは普段つかっているアドレスを追加しておけば大丈夫です。

ちなみに、もしクレジットカードがあればGrabに登録しておきましょう。
タイで現金を出す手間がなくなるし、トラブルにもならないので、かなりラクです。

使い方

ではここから、使い方を説明していきますね。
ちなみに、ここからはタイに着いてからの使い方になります。

日本でも起動できますが、メイン機能のタクシーが呼べないので、まずタイに行きましょう。

日本にいる人は、予習としてみてください。
主に、Google mapからGrabに予約する方法と、Grabアプリから直接マッチングする方法があります。

今回は、Google mapからGrabへと予約していきますね。
手順としては5ステップ。

  1. ドンムアン空港までの経路をGoogle mapで検索
  2. GrabアプリにGoogle map経由で起動
  3. Taxiまたは、Carを選択(このときに目的地まで、おおよその金額が確認できます)
  4. Bookボタンを押すと、近くのタクシーとマッチングします。
  5. ドライバーの名前、車種、車のナンバーが出てくるので近くに来たら車のナンバーで判断します。

Carを選択すると、ドライバーから英語でメッセージがくることが多いので、英語が苦手な人はTaxiを選択しておくのが無難ですね。

簡単に下記の画像で見てみましょう。

こちらの画像はGoogle mapでドンムアン空港までの経路を検索、Grabアプリを起動して予約し、実際に乗った直後の画像です。

Grabのドライバーは基本的に、Google mapで検索したルートを通ります。

ルートから大幅にずれたりすると、ドライバー側のスマホからブザーが鳴ったり、持ってるスマホから緊急通報できたりもするので安心です。

まとめ

タイに限ったことではないですが、海外では何が起こるか分かりません。

アプリを上手く使ってトラブルの少しでもリスクを減らして良いタイ旅行にしましょう。