プロゲート終わったら。まずなにすればいいか教えよう
「プロゲートが終わったら...まずはコレから始めていこう。」

とりあえずなにをすればいいか迷ってるなら今回紹介することをやっていこう。

プロゲートが終わったらまずやるべきこと

専門用語を覚えること。またはその専門用語がなぜ必要なのか調べること。

まあ最初は20個くらいでいい。

たとえば、「リセットCSS」がなんのためにあるのか?これは各ブラウザ上で表示される文字やタイトルのズレを少なくする意味がある。

なぜ?と思うことは意外と重要

さて、さっきリセットCSSがなぜ必要か分かっただろうが、この「なぜ?」ということは意外と重要

たとえば、高校のとき「この数式なんの役に立つんだろう?」って思ったことがあるよね。

これが「ふだんみんなのiPhoneに入ってるSiriにも使われるんですよ。」といわれれば少しは興味がわくはずだ。プログラミングでも同じ。

専門用語を覚えたほうがいい理由

分からないものは続かないから

用語が分からない→やっても理解できない→まあまた明日やればいっか

のループが永遠に続く。ようは「分からないことが分からないんです…」って状態。

最初の挫折する原因の1つだ。さっきもいったが「なぜ?」も調べるとスッと頭に入ってくる。

あなたはお客さんに説明できるか?

専門用語を「なぜ?」の視点で分かると、仕事をしたときにお客さんにちゃんと「納得してもらえる」。それに分かりやすく説明できるから話がスムーズ。

スムーズに交渉がすすむし、お客さんが変な機能がほしいっていったときも

「それ意味ないですよ…なぜって…だからです。かわりに…でどうですか?」

ってちゃんと説明しつつ提案できるようになる。結果あなたも、お客さんも納得できるものがつくれるわけ。

専門用語を覚えてみよう

今回は例として、WEB系で使う専門用語を覚えてみよう。

タグ、属性、要素、class、id、子要素、親要素、レスポンシブ、セレクタ、CSSプロパティ、リセットCSS

どんなときに使うのか?なぜそれを使う必要があるのか?ググって調べてみるといい。

おまけ: プロゲートを続けることが意味ない理由

プロゲートは、高校の穴埋め小テストみたいなもん。「ちょっと楽しいかも…」って思えても「明日からバリバリプログラム書くぜ!!」とはならん。

プロゲートのターゲットは「ちょっとプログラミングに興味があるけど、楽しいかどうかも分からない…」って人達を「プログラミング楽しいじゃん」って思うようにしたサービスだ。

だから「マジでプログラミングやってく!」って気持ちなら今すぐやめよう。お金のムダ。

まとめ: まずは挫折しないようにがんばろう

  • 専門用語を覚えよう
  • 分からないことが挫折する原因
  • プロゲートは続けないですぐやめよう

とりあえずいきなりアプリとか、WEBサイトとかつくろうとしないで専門用語を覚えていこう。まずは挫折しないとこから。

挫折しなけりゃ最終的にアプリとかつくれるようになるから基本からおさえていこう。

事務作業を自動化してもっと"ラク"しませんか?

あなたの会社の事務作業...効率化してラクに。もっと重要な業務に集中できるようになります。

日々増えるルーティンの事務作業...
「この作業めんどくさい...」
「事務作業に時間をとられて他に集中できない...」

あなたの代わりにVBAを使ってパソコン業務を自動化。あなたはもっと価値のあることに時間を使うことができるため売上UP、ムダなコストの削減が期待できます。

また、作って終わりではなくつぎの3つのことを約束します。

  • しっかりドキュメント作成
  • きれいな見やすいコードでムダな工数カット
  • できるだけボタン1つポチッと押すだけで業務が完了

どんなにささいなめんどくさい事務作業でも相談してください。相談は無料です。
3年の業務効率化実績があるため、力になれるかもしれません。

※件名には「業務効率化の相談」と記載ください。できるだけ24時間以内に返信します。