こんにちは、いっくんです。

「わかりやすい説明がしたいんだけど、話すときどうしても話がぐちゃぐちゃになっちゃう...」
説明のポイントを2つ実践できれば大丈夫だよ。

早ければ明日にでも説明上手になってるから安心して。
さて、じゃあ2つのポイントについて話していこうか。

わかりやすい説明のポイントは2つでOK

  1. PREP法を使おう
  2. 小学生にも分かるように説明しよう

わかりやすい説明をするためには上記2つのことを実践できればOK。

これは、複雑に難しく話さないほうが相手に伝わるからなんだよね。
じゃあ、下記から説明していこっか。

説明のポイント1. PREP法を使おう

PREP法とは?
  • Point: 結論
  • Reason: 結論に対する理由
  • Example: 理由に対する例
  • Point: 結論

PREP法っていう法則を使っていこう。

結論から話してもらえると、今どんなことについて話してるか分かるから。

たとえば、PREP法で話してると、「どうしてその結論になるの?」って興味をもってもらえる。

PREP法じゃないと「そんな話どうでもいいから、結局なにがいいたいの?」って思われて話を聞いてるふりだけされる。

そうならないためにもPREP法が必要。
ちなみに、今読んでるこの文章もPREP法だよ。

説明のポイント2. 小学生にも分かるように説明しよう

次に、小学生にも分かるように説明しようってこと。
難しい話をしても頭で理解できる人が少ないから。

たとえば、Wordpressについて説明するとしようか。

難しく言うと...PHPで作られたCRMでカスタマイズ可能なプラットフォームだよ
簡単に言うと...自分だけのブログが5分で簡単に作れるやつ

簡単に言ったほうが、あきらかにわかりやすいよね。
専門用語を、その専用分野じゃない人に説明するならなおさら。

小学生にも分かるように説明すること、これは必ず必要。

あなたはどう思われたい...?
  • 「この人なに言ってるかよく分からないけど、頭いいんだなきっと...関わりたくないけど」
  • 「話分かりやすい、私でも理解できて話してて楽しい...もっと色々聞いてみたいな」

わかりやすい説明の練習をしよう

さて、2つのポイントが分かったところで練習をしてみようか。

下記の問題に答えていってね。

PREP法を練習する

  1. あなたの1番好きな趣味はなに?
  2. あなたの仕事で一番たのしいことは?
  3. 今あなたの手元に1臆円あるけどなにに使う?

小学生にも分かるように説明する練習

  1. 仕事で使う専門用語を1つだけ説明してみて
  2. スマホってなに?
  3. 国債ってなに?

分かるように説明する練習の回答例

それぞれの2つのポイントを1つずつ回答例でだしておくね。

PREP法の回答例(今あなたの手元に1臆円あるけどなにに使う?)
世界旅行に使うね、1臆円あったら。
これは、前から世界旅行が夢だったし1臆円あれば世界旅行に行けるから。

たとえば、1ヵ国に40万円使うとして、日本を抜いた195ヵ国に行くと7,800万あれば行けるから1臆円あれば全世界に旅行行ける。

その確信があるから世界旅行に使うね絶対。

小学生にも分かるように説明する回答例(国債ってなに?)
国債っていうのは、国の借金だよ。

2つのポイントをおさえて1日で説明上手になろう

  • PREP法を使おう
  • 小学生にも分かるように説明しよう

わかりやすい説明をするために、上記2つのポイントを実践して説明上手になろう。

難しく説明するより、相手に理解してもらえたほうが話してて楽しいし実際頭がいいのはわかりやすい説明をする人。

下記記事も人気