VBAのEnvironをつかっていろんな情報を取得してみよう
「Environは意外とつかえる」

今回は地味につかうことが多い情報のみを取得していこう。システムのフォルダパス系を設定したいときによく使える。

ユーザー名を取得する

Dim username As String
username = Environ("Username") ' {あなたのパソコンのユーザー名}

ユーザーローカルパスを取得する

Dim local_folder_path As String
local_folder_path = Environ("UserProfile") ' C:\Users\{ユーザー名}\

つぎのようにDesktopを追加すればDesktopまでのフォルダパスが設定できる

Dim desktop_path As String
desktop_path = Environ("UserProfile") & "Desktop\" ' C:\Users\{ユーザー名}\Desktop\

プログラムが格納されているフォルダパスを取得する

Dim program_folder_path As String
program_folder_path = Environ("ProgramFiles") ' C:\Program Files

パソコンの名前を取得する

Dim computer_name As String
computer_name = Environ("ComputerName") ' {あなたのパソコンの名前}

OneDriveのフォルダパスを取得する

Dim onedrive_folder_path As String
onedrive_folder_path = Environ("OneDrive") ' C:\Users\{ユーザー名}\OneDrive

コマンドプロンプトのファイルパスを取得する

Dim cmd_file_path As String
cmd_file_path = Environ("ComSpec") ' C:\WINDOWS\system32\cmd.exe

Environのリストを出力する

Sub outputEnvironData()
    
  Dim i As Long
    
  For i = 1 To 255
    Sheet1.Cells(i, 1) = Environ(i)
  Next i
    
End Sub

新規のExcelファイルを作成→上記コードでEnvironで取得できる情報がSheet1に一覧で出力される。ためしてみてくれ。

事務作業を自動化してもっと"ラク"しませんか?

あなたの会社の事務作業...効率化してラクに。もっと重要な業務に集中できるようになります。

日々増えるルーティンの事務作業...
「この作業めんどくさい...」
「事務作業に時間をとられて他に集中できない...」

あなたの代わりにVBAを使ってパソコン業務を自動化。あなたはもっと価値のあることに時間を使うことができるため売上UP、ムダなコストの削減が期待できます。

また、作って終わりではなくつぎの3つのことを約束します。

  • しっかりドキュメント作成
  • きれいな見やすいコードでムダな工数カット
  • できるだけボタン1つポチッと押すだけで業務が完了

どんなにささいなめんどくさい事務作業でも相談してください。相談は無料です。
3年の業務効率化実績があるため、力になれるかもしれません。

※件名には「業務効率化の相談」と記載ください。できるだけ24時間以内に返信します。