【超簡単】VBA/文字列をFor文で1つのセルに追記する【2分でOK】

VBAで同じセルに文字列を追加したいなら、2分あれば簡単。

さっそく追記できる具体的なFor文のコードを紹介していきます。

VBAで1つのセルにFor文で追記していくコード

Dim data as String

For i = 1 to 10
    data = data & Cells(i, 1)
Next i

Range("B1") = data

VBAプログラムの解説

  1. String型(文字列)で変数を定義
  2. For文でセル値を追記
  3. dataの情報を空いているセルにいれる

順に説明していきます。

1. String型(文字列)で変数を定義

Dim data as String

dataの値は、好きな名前でOK。

2. For文でセル値を追記

For i = 1 to 10
    data = data & Cells(i, 1)
Next i

For文でセルA1~A10までのセル値を追記。
下記の部分を書き換えれば、セルの場所をカスタマイズ可能。

・カスタマイズ可能な場所

  • For i = 1 to 10
  • Cells(i, 1)

3. dataの情報を空いているセルにいれる

Range("B1") = data

最後は、B1セルにdataの情報をいれよう。

Rangeの値は、B1じゃなくてもいいので、好きな空いてるセルでOK。

このプログラムをうまく使って、いいVBAツールを作ってみよう。

関連記事VBAでIf文とFor文を「組み合わせて」処理する方法

・もっとVBA学びたい人向け記事↓

関連キーワード