【超簡単】VBA/文字列をFor文で1つのセルに追記する【2分でOK】

VBAで同じセルに文字列を追加したいなら、2分あれば簡単。

さっそく追記できる具体的なFor文のコードを紹介していきます。

VBAで1つのセルにFor文で追記していくコード

Dim data as String

For i = 1 to 10
    data = data & Cells(i, 1)
Next i

Range("B1") = data

VBAプログラムの解説

  1. String型(文字列)で変数を定義
  2. For文でセル値を追記
  3. dataの情報を空いているセルにいれる

順に説明していきます。

1. String型(文字列)で変数を定義

Dim data as String

dataの値は、好きな名前でOK。

2. For文でセル値を追記

For i = 1 to 10
    data = data & Cells(i, 1)
Next i

For文でセルA1~A10までのセル値を追記。
下記の部分を書き換えれば、セルの場所をカスタマイズ可能。

・カスタマイズ可能な場所

  • For i = 1 to 10
  • Cells(i, 1)

3. dataの情報を空いているセルにいれる

Range("B1") = data

最後は、B1セルにdataの情報をいれよう。

Rangeの値は、B1じゃなくてもいいので、好きな空いてるセルでOK。

このプログラムをうまく使って、いいVBAツールを作ってみよう。

関連記事VBAでIf文とFor文を「組み合わせて」処理する方法

・もっとVBA学びたい人向け記事↓

事務作業を自動化してもっと"ラク"しませんか?

あなたの会社の事務作業...効率化してラクに。もっと重要な業務に集中できるようになります。

日々増えるルーティンの事務作業...
「この作業めんどくさい...」
「事務作業に時間をとられて他に集中できない...」

あなたの代わりにVBAを使ってパソコン業務を自動化。あなたはもっと価値のあることに時間を使うことができるため売上UP、ムダなコストの削減が期待できます。

また、作って終わりではなくつぎの3つのことを約束します。

  • しっかりドキュメント作成
  • きれいな見やすいコードでムダな工数カット
  • できるだけボタン1つポチッと押すだけで業務が完了

どんなにささいなめんどくさい事務作業でも相談してください。相談は無料です。
3年の業務効率化実績があるため、力になれるかもしれません。

※件名には「業務効率化の相談」と記載ください。できるだけ24時間以内に返信します。