「VBAで1つのセルに文字列を追記していきたいんだけど、どうやるんだろ?」
VBAでセルに文字列を追加したいなら、2分あれば簡単にできるよ。

さて、そしたら追記できる具体的なFor文のコードを紹介していこうか。

VBAで1つのセルにFor文で追記していく

Dim data as String

For i = 1 to 10
    data = data & Cells(i, 1)
Next i

Range("B1") = data
プログラムの流れ
  1. data(変数)を定義
  2. For文でdata内に値を追記
  3. B1セルにdataの情報を表示

1. String型(文字列)で変数を定義

Dim data as String

dataの値は、好きな名前でOK。

2. For文でセル値を追記

For i = 1 to 10
    data = data & Cells(i, 1)
Next i

For文でセルA1~A10までのセル値を追記。
下記の部分を書き換えれば、セルの場所をカスタマイズ可能。

カスタマイズ可能な場所
  • For i = 1 to 10
  • Cells(i, 1)

3. dataの情報を空いているセルにいれる

Range("B1") = data

最後は、B1セルにdataの情報をいれよう。

Rangeの値は、B1じゃなくてもいいので、好きな空いてるセルでOK。
このプログラムをうまく使って、いいVBAツールを作ってみよう。

人気記事【必読】"見やすく修正しやすいコード"につながる本『リーダブルコード』

関連キーワード