「VBA始めたいけど、なにから始めればいいか分からない...」
これは、まずVBAのIf文とFor文だけ覚えればOK

今回は、なんでIf文とFor文だけ覚えればいいのか?If文、For文の書きかたを話していこう。

VBAを始めるならまずこれだけ覚える

VBAを始めるなら、If文とFor文をまず覚えて使えるようになればOK。

『ほぼ全ての処理でIf文、For文は確実に使うから』

「Excelの操作って、毎回同じ操作しててめんどくさいな!」
なんてときは、For文でプログラムしたら0.5秒とかで操作終わっちゃう、なんてよくある、あるある。

ちなみに、VBAができるようになると

  • めんどくさい入力作業が自動化できる
  • 仕事をちゃんと終わらせながら、さぼれる...結果、文句言われない
  • 周りから『すごい!!』って言われてもてる...かも(笑)
  • 「あの人仕事出来る人だよ!」って知らないところで言われる

If文とFor文はどんなとき使うのか

  • If文・・・なにか条件(○○なら××だけど、それ以外は△△)があって分岐をしたい場合
  • For文・・・なにか繰り返し(同じ動作、操作、入力)の処理がある場合

分岐をしたいか、繰り返し処理をしたいかどちらかで使う。
上記のように、あなたが処理したい方法によって組み合わせたりして使うようにしよう。

If文の書きかた

If 何かの処理A Then
    Aの処理がされたとき実行

ElseIf 何かの処理B Then
    Bの処理がされたとき実行

Else
    Aの処理、Bの処理もされないとき実行

If文の書きかたは、上記のような書きかた。
基本的にプログラムは全て、上から下にむかって処理がされる

If文の考えかた

まあ、分かりにくいんで、ここからはIf文を理想の恋人でたとえてみよう

下記の『理想の恋人条件を満たしたら、積極的にアタックする』If文は、

条件【あなたが男なら、()内に置きかえて!】

  • イケメン(かわいい子)
  • 誠実(エロい)
  • お金持ち(お金のかからない子)

これをVBAで書くと下記のような感じ。

If イケメン And 誠実 And お金持ち Then
    MsgBox "積極的にアタックする!"

ElseIf ブサイク And 不潔 And 臭い人 Then
    MsgBox "生理的に無理"

Else
    MsgBox "アタックしないけど、友達ならあり"
  • If・・・もし
  • Then・・・~なら
  • And・・・~と
  • Else・・・ちがう場合

ここでは、下記のような流れ

  1. もし、その人がイケメンと誠実とお金持ちなら
  2. 『積極的にアタックしてくる!』
  3. ちがう場合
  4. もし、その人がブサイクと不潔と臭い人なら
  5. 『生理的に無理、話しかけないで!』
  6. ちがう場合
  7. 『アタックはないけど、まあ友達としてはありかな!』

これ人生で一度は考えたことあるよね。
ってことは、そもそもあなたは人生で一回以上If文を考えたことがある。

これを英語の文章に置きかえてるだけ。

 ホントにコード書くときは英語で書こう

For文の書きかた

For i = 開始数値 To 終了数値
    i = i + 1
Next i
  • For・・・ならば
  • i・・・変数名

For文の書きかたは上記のように書く。

iの変数名はなんでもいい
ただ、みんなiが好きだから、For文1つなら変数名はiで書こうね。

使えるような場面

  • シートをコピーして、年月日だけ変えるとき
  • シート上で、同じパターンの計算をするとき など...

For文の考えかた

今回は、振られた回数で落ち込んでみようか。

For 振られた回数 = 1 To 今まで告白した回数
    振られた回数 = 振られた回数 + 1    
    MsgBox "落ち込む"
Next 振られた回数

このコードは、振られた回数が1プラスされるたびに、落ち込むプログラム。

  1. コードを実行
  2. 振られた回数に1プラス
  3. メッセージで『落ち込む』と表示
  4. 次の振られた回数に戻るこれを、今までの告白した回数分やっていく。

For文がちょっとは理解できたかな?
振られたらぜひやってみよう(笑)

まとめ

  • ほぼ全ての処理でIf文、For文は確実に使う
  • If文・・・なにか条件(○○なら××だけど、それ以外は△△)があって分岐をしたい場合
  • For文・・・なにか繰り返し(同じ動作、操作、入力)の処理がある場合

この記事をみて、「VBAって意外と楽しそうじゃん!」って思ってくれたらうれしいね。

人気記事【必読】"見やすく修正しやすいコード"につながる本『リーダブルコード』

関連キーワード