VBA配列を使ってまとめてシートを印刷する方法【印刷がラクになる】

VBAで配列を使えばまとめてシートを印刷することが可能。プリンターで1枚1枚選んで印刷する必要がないためめんどくさい無駄な作業がなくなる。

さて、今回はVBAの配列を使ってシートを印刷するコードを紹介していこう。

配列でまとめてシートを印刷するコード

Sub wrapPrintOutSheets()
    
    Dim i As Long
    Dim sheet_counts As Long
    Dim sheet_container() As Variant
    
    sheet_counts = Sheets.Count
    ReDim sheet_container(1 To sheet_counts)
    
    For i = LBound(sheet_container) To UBound(sheet_container)
        sheet_container(i) = Sheets(i).Name
    Next i
    
    Worksheets(sheet_container).PrintPreview
    
End Sub
  • 7行目...シート数を数える
  • 8行目...シート数を配列にいれる
  • 10~12行目...配列にシート名をいれる
  • 14行目...シートを印刷プレビュー

14行目をWorksheets(sheet_container).PrintOutにすればそのまま印刷が可能。応用すれば特定のシートグループだけを印刷することもできる。

関連【VBA】業務効率化に便利なツール【まとめ】

事務作業を自動化してもっと"ラク"しませんか?

あなたの会社の事務作業...効率化してラクに。もっと重要な業務に集中できるようになります。

日々増えるルーティンの事務作業...
「この作業めんどくさい...」
「事務作業に時間をとられて他に集中できない...」

あなたの代わりにVBAを使ってパソコン業務を自動化。あなたはもっと価値のあることに時間を使うことができるため売上UP、ムダなコストの削減が期待できます。

また、作って終わりではなくつぎの3つのことを約束します。

  • しっかりドキュメント作成
  • きれいな見やすいコードでムダな工数カット
  • できるだけボタン1つポチッと押すだけで業務が完了

どんなにささいなめんどくさい事務作業でも相談してください。相談は無料です。
3年の業務効率化実績があるため、力になれるかもしれません。

※件名には「業務効率化の相談」と記載ください。できるだけ24時間以内に返信します。