VBA配列を使ってまとめてシートを印刷するコード【何十枚でも可能】

VBAで配列を使えばまとめてシートを印刷することが可能。プリンターで1枚1枚選んで印刷する必要がないためめんどくさい無駄な作業がなくなる。

さて、今回はVBAの配列を使ってシートを印刷するコードを紹介していこう。

配列でまとめてシートを印刷するコード

Sub wrapPrintOutSheets()
    
    Dim i As Long
    Dim sheet_counts As Long
    Dim sheet_container() As Variant
    
    sheet_counts = Sheets.Count
    ReDim sheet_container(1 To sheet_counts)
    
    For i = LBound(sheet_container) To UBound(sheet_container)
        sheet_container(i) = Sheets(i).Name
    Next i
    
    Worksheets(sheet_container).PrintPreview
    
End Sub
  • 7行目...シート数を数える
  • 8行目...シート数を配列にいれる
  • 10~12行目...配列にシート名をいれる
  • 14行目...シートを印刷プレビュー

14行目をWorksheets(sheet_container).PrintOutにすればそのまま印刷が可能。応用すれば特定のシートグループだけを印刷することもできる。

関連【VBA】業務効率化に便利なツール【まとめ】

関連キーワード