朝起きると背中が痛いならハンモックにしよう【背中の痛みがきえる】

あなたが朝起きたときに背中が痛くなるなら、ハンモックで解決できる可能性があります。

今回は、なぜハンモックにしたら背中の痛みが消えるのか話していきましょう。

ハンモックで背中の痛みがきえる理由

ハンモックは宙に浮いていて地面に接してないから

結果、背中の痛みが消えるんです。
実際に僕がハンモックで寝ようと思った理由でもあります。

ただハンモックでも、正しい寝方と選びかたが重要。

ハンモックの正しい寝方は2パターンです

ハンモックでは正しい寝方が重要になってきます。

まず正しい寝方から話していきしょう。

ハンモックの正しい寝方

正しい寝方
正しい寝方

ハンモックに対して横、または斜めに寝ることが重要ですね。

正しい寝方によって、腰が曲がらずに寝れるから。
長時間寝てても背中への負担が少なく心地よく寝ることが可能です。

ハンモックの選びかた

次の2つを基準に選べば大丈夫です。

  1. ハンモックの幅
  2. ハンモックが耐えられる重さ

基準1. ハンモックの幅

160cmほどの幅があるハンモックを選ぶこと
幅が小さいと、さっき話した正しい寝方ができなくなるからなんですね。

160cmあればよほどのことがない限り、不満に思うことはありません。

基準2. ハンモックが耐えられる重さ

150kg以上の重さにハンモックが耐えられるといいです。

100kgだと物足りません。
すこし勢いよく乗ってしまったときに壊れるか不安になるから。

できれば200kgがベストですが、最低限150kgは必要になってきます。

まとめ: ハンモックで背中の痛みがきえる生活体験をしよう

  • 地面に接してなく、背中の痛みがきえる
  • ハンモックに対して横または斜めに寝ること
  • 選びかたの基準は幅と耐えられる重さ

背中の痛みがどうしても起きたときあるのなら、ハンモックを選んでおけばいいかなと思います。

あなたもハンモックで背中の痛みがきえる...
そんな体験をしてみましょう。

2つの基準で選んだハンモックをぐっすり寝たい人向け「自立式ハンモック」選びかたとおすすめ3選で紹介してるのでどうぞ。

・この記事をみてる人は、次の記事もみています。
ビブレハンモックを「2年体験してわかった」後悔しない7つの理由